AMAFES 2016 AUTUMN 2016.11.13 SUNDAY 11:00-18:00 AT. 尼崎の森中央緑地 ENTRANCE FREE

Facebookで最新情報を更新中!
Facebookページへ

Line up

FOREST STAGE

FOREST STAGE Dachambo 日本が宇宙に誇るサイケデリックJAM BAND、もしくは快楽探求楽団。ツインドラムにディジュリドゥー、極太ベース、爆音ギター、そしてデジタル音の6人からなる、ジャム、トランス、ラテン、ファンク、サイケ、オーガニック、民族音楽といったジャンルの枠を変幻自在に飛び越え、PEACE&SMILEに溢れた彼らのライブは、自分達とその場に息づく空気、オーディエンスとのバイブレーションの交換から生まれ、常に変化しつづけるMUSICを産み続けてゆく。
盟友Gravity Freeデザインの、ド派手なバイオディーゼルBUSに乗り込み、『FUJI ROCK FESTIVAL』を始め、全国のフェスやパーティーの顔として走り続け、日本ではフェス番長(YAHOO認定)の称号までいただき、4度に渡るAUSツアー/USAツアーも大盛況に収める。
2011年には、今や伝説と語り継がれる「HERBESTA FESTIVAL」を開催し、1万人以上の動員を記録した。
昨年結成15周年を記念して5年振りに開催された『HERBESTA FESTIVAL'16』は SOLD OUT!!
更にはベスト盤を、全て新たに録音し直し、なんと初回3枚組のスペシャルベスト盤『HERBEST』をリリース!!
そして2017年夏のアメリカツアーではBIG PARTY『OREGON ECLIPSE 2017』『BURNING MAN2017』に出演し大成功!!
その模様は『ダチャンボ皆既日食映像化大作戦!』と名付けられたクラウドファンディングでのDVDに収められる予定。
メディアにはほぼ現れないが、DACHAMBOの世界観にグイっと惹き付けられた老若男女によって、草の根的に”ダチャンボ村”日々絶賛拡大中!!
FOREST STAGE AQATUKI 1997年結成のインストバンドAQATUKI
尼崎工業地帯のランドスケープを転換したような轟音サウンドスケープを、ツインギター& エレクトロニクスで展開。
練り上げられたその音塊は、ブルース音楽 本来の人間味に溢れ、その衝動が噴出する爆発力は、唯一無二。
FOREST STAGE 高揚世界 達家 大樹(Gt/Cho)
内藤 皓介(Dr/Per/Cho)
金澤 耕介(Ba)
柾木 宏平(Dr/Gt)
岩井 善崇(Vox/Gt/Key)
[L to R]

高揚世界は 岩井 善崇(ex.ELLIOT.C)[Vox/Gt] 達家 大樹(ex.bradshaw)[Gt] 金澤 耕介(ex.BEANBAG)[Ba] 柾木 宏平(fr.DRAGON)[Dr/Gt] 内藤 皓介(fr.SATORI)[Dr] による、神戸を中心に活動するツインドラムのジャムバンド。

2011年に結成し1本ライブを行った後、2年間の空白期間を経て、2013年神戸のサーキットイベント「ネコフェス」出演より徐々に本格的な活動に入る。 シンプルな3ピース、トリプルギターのアコースティック、ギターレスツインベースなど様々なバンドスタイルを経て、その都度メンバーチェンジを繰り返し、 現在のツインドラム+ベース+ツインギターの編成となる。

高揚世界の楽曲はそれなりに歳を食ったメンバーそれぞれのバックボーンによりジャンルレスで多岐に渡るが、 一貫しているのは「正解」というものが無い事。 殆どの一緒に過ごす時間をジャムセッションに費やし、 ゲラゲラ笑いながらバカで楽しいと思えるフレーズを並べる。 よって、計算された「サビ」など皆無であり、精神的にはフリージャズに近い。 決まっているのはグルーブだけだ。 そこに来てフロントマンのvox/guitar岩井がオルタナティブ出身らしさ丸出しで悪魔的にセオリーを無視し続けるのがまたタチが悪い。(そこがまた良い!?) しかし、だからこそ、このバンドの演奏は時に不敵な笑みが、或いは弾ける笑顔が常に絶えない。

そんな高揚世界が2017年5月、満を持して1st full album「アンバランス・バランス」をリリース。 各地でのリリースツアーも予定されている。
FOREST STAGE STEPAK-TAKRAW 関西の地から湧き出るアジアのAfrofunk!黄褐色の五人から弾き出されるビートは黒褐色。東洋の島国からアフリカ大陸に向け渡航中、遭難。やっと辿り着いた東南アジアの島をアフリカと勘違いしたような無邪気な亜熱帯サウンド!2016年春迄にCD3枚、7インチ5枚、LPを1枚リリース。その個性的なグルーヴで関西各地を精力的に暴れまわっている国内屈指のオリジナル、アフロビートバンドSTEPAK-TAKRAW!
FOREST STAGE YARD VIBES BAND タイトル/7COLOS-セブンカラーズ-
値段/2000(税抜)
曲数/6曲

1.Under Da Sky
詞:Aill 曲:Aill,Ymsn

2.呑もう
詞:Aill 曲:Aill,GoE

3.NE
詞:Aill 曲:Aill,FunkyD

4.MOSIM
詞:Aill 曲:Aill,FunkyD

5.Circle
詞:Aill,Ymsn 曲:Ymsn,FunkyD

6.なちゅらlu
詞:Aill 曲:Aill

7人のカラーが混ざり合いここに完成した
関西期待の新世代ネオレゲエバンド
YARD VIBES BANDの1st EP【7COLORS】
ヤーバイスな音やグルーヴを詰め込んだ渾身の1枚。Live会場とストリートSHOPのみの限定発売!

-プロフィール-
2016年夏頃結成!
関西の新たなネオレゲエバンド
YARD VIBES BAND-ヤーバイスバンド-
バンドメンバーは
唯一無二のボーカリスト”aill”
カウボーイギターボーカル”Ymsn”
反逆のキーボーディスト”GoEMoN”
エモーショナルギタリスト”野村帽子”
グルーヴィベーシスト”FUNKY D”
最年少最高グルーヴドラマー”SHOW”
巧みに楽器を操るパーカッショニスト”KEN KEN”そんな7人のカラーが混ざり合いグルーヴして生まれた新たな時代のレゲエバンド。2016年11月12日にレゲエシーンで爆発的人気を誇るレギュラーイベント”尼爆”にて初ライブを行なう。そこからヤーバイスのキャリアがスタートする。そして各地でライブを重ねていき、初ライブから約5ヶ月で約400人を動員したイベント”Terminal” at 梅田CLUB QUATTROへの出演も果たす。そして2017年5月25日にはバンド初となる作品【7 COLORS-セブンカラーズ-】がライブ会場、ストリートショップだけの限定発売でリリースする。そんなライブや音源が話題を呼び、PUSHIMが主宰し韻シストも参加するレーベル、GroovillageのミックスCD「Groove Island」にもMOSIMが収録される。そんないま最も勢いに乗るこの先の活動に目が離せないこれは関西の新たなネオいレゲエバンドである。

RIVER STAGE

RIVER STAGE Deck E シンセ、ベース、ドラムの3人によるバンド。テクノやハウス、ベースミュージック等を基調としたトラックと生演奏を融合させたスタイルで関西を中心に活動中。1st EP「A Narrative On Decks」の発表と同時に、2016年春よりライブ活動をスタートさせ、7月にはノルウェーのシンセポップバンド「KID ASTRAY」のJapan Tour(TONE FLAKES Vol.99)大阪公演のサポートを務めた。年末には、神戸troopcafeのカウントダウンパーティーに出演するなど、ライブハウス、クラブを問わず多方面から評価を受けている。
RIVER STAGE ジョーシン ジョーシン(exケーフェイ)
ある時はスタッフのジョー、
またある時はジョー・バトラー・ヒトリ、
またまたある時はDJ中田カオスボタン
山に篭り沈黙の時を経て、
ふっかふかのマットと寝袋を携え、生活を日々是放浪中
酒呑まずとも安定の酩酊感を醸し出すも、
ひとたびハイボールに手を出すとそれは熟成発酵を重ねてゆく
前回は先頭打者ホームランを狙うも、空振り、からの先頭打者振り逃げ成功
今回はバンド編成にて出演決定
ジョー・バトラー・ヒトリジャナイ
当日も飛び入りジャムってくれるひと、募集中

vo,gt ジョーシン
ba あらたくん
dr 吉野めぐる
RIVER STAGE 宮腰理×啓太郎(K-106) 宮腰理 Osamu Miyagoshi
ごった煮ピアノと転げまわり、アコーディオンの風に乗って歌い歩く、越前丸岡産のブギ少年。

人懐こい声で歌い求め、出会いに音と盃を好む様を、’天然音楽家’とも評される。

「オレに出会ったが運の月 ツキも昇ればいい気分」

現在は京都に住み、日本中の船上、幼稚園、酒場、喫茶店など場所を問わず、音楽の種を撒く。

傍ら、定評のある声を生かし、CM制作にも数多く携わる。チキンラーメン、Canon EOS KISS、GMOクリック証券CM(作曲演奏)等

啓太郎(SAX)
『声に聴こえる音』
『音が踊る』
等の評価で自身の活動と共に様々なアーティストLIVE・レコーディング等に参加

FUNKの骨格を持ちながらも
「現行」としての
生活の湿度を音に盛り込む
無国籍音楽クロスオーバー

リットーミュージック出版
SAX&BRASS magazine
創刊号の表紙を飾る

FUJI ROCK FESTIVAL
RISING SUN等の大型フェスから海、山、路上、国外、

ロケーションを問わず
吹く空間の空気を
サックスでコーディネイトする
RIVER STAGE nayuta 大阪発ベースレストリオバンド。 アメリカ、カナダ、台湾や日本全国でライブ活動を行う。 民族音楽のような男女混声のコーラスワーク、自由度の高いライブや、オルタナティブロック、サイケデリックロック、 プログレッシブロックの匂いを漂わせる独特の世界観の楽曲が、国内外で評価されている

bassless trio band.based in Osaka JPN.play in Japan,Canada,America,Taiwan.male&female primitive chorus.rooted in Alternative,Psychederic,Progressive rock.this is original live band.
RIVER STAGE parallelogram 「日常に溢れる感情」に寄り添うような音を響せようと2012年秋頃始まる。
RIVER STAGE Peace-K ∞space rhythm surfer∞
ドラム&パーカッション&ウクレレ&hangを中心に、唄い、演奏するの が大好きな旅する音楽家。
Sandii、OKI、UA、YO-KING、Caravan、Spinna B-ILL、Keison、ハナレグミ、元ちとせ、鈴木慶一、曽我部恵一、PUFFY、PJ、(仮) ALBATRUS、児玉奈央 など他多数のミュージシャンの様々なライヴ、レコーディングに参加。
そんな縁のあるミュージシャン達が集う『Peace-K祭り』というイベン トを各地で行っている。
現在、Peace-Kソロとして、 オリジナル、カバーなど好きな曲をウクレレ、hangなどでアコースティックにスペーシーサウンドで自由に唄い、ウクレレやパーカッションのワークショップも行い、各地を音と食と波とともにTRIP中。

2016.8.3 獅子座の新月に前作『Peace Tree』から8年ぶりニューソロアルバム『あうわ』を発売♪
新しい命を授かった事がきっかけで、インスピレーションを授かり、自身だけですべて唄い演奏し、沖縄やんばるで録音。
流すだけで浄化される言霊、音霊の数々。
スピリチャルポップなアルバムが完成。

Dj

ROOTS CONNECTION

ROOTS CONNECTION

トラックメーカー、デザイナー、カメラマン、DJなどから成るクリエイティブユニット。
松本良太、國澤貴志、村上宝を中心にDJ・ライブイベントを主催。
カフェ、バー、クラブなど、場所を選ばず神出鬼没にプレイを敢行。

TAKIBI TECHNO

TAKIBI TECHNO

An independent party organized in Osaka for left field dance music. We promote our party for independent people and this place and moment would be like gathering a bonfire.

guru usoppachino

Live paint

LIVE PAINT MAGNUM アフロビートバンド、STEPAK-TAKRAWでベースを弾く傍ら2007年頃よりペインター活動を始める。
ブラックミュージックにインスパイアされた人物画を主に、ライブペイントやCDジャケットの原画を手がけ、近年はペイントTシャツの出店も展開する。
LIVE PAINT T-saya 謎の絵描き。
尼崎在住。
ハイボール越しに視える世界をペンと紙に落とし込む。

尼崎ラリパッパカフェの壁画をはじめ、各所にその筆致を遺しつつ、今宵も絵を描く。

Access

住所
〒660-0096 兵庫県尼崎市扇町33-4
公共交通機関の場合
阪神電鉄出屋敷駅から阪神バスに乗車、尼崎スポーツの森にて下車し、徒歩5分。
お車の場合
阪神高速5号湾岸線、尼崎末広I.C.から西に1km。